FC2ブログ
PR

カテゴリ

最新記事

プロフィール

NaoyaMadokoro

Author:NaoyaMadokoro
パーカッショニスト
間所直哉(マドコロナオヤ)
Blogはコチラ

Recommend

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
146位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

FC2Blog Ranking

YouTubeパーカッション練習帳
動画サイトYouTubeのパーカッションの参考になる動画をキューバのラテンパーカッション(Bata,Conga,Bongo,Timbales)を中心にピックアップして紹介。
伊藤志宏 last symposium 大儀見元 岡部洋一 マルチパーカッション


こちらの動画、ライブまでの限定動画だそうです。
年末恒例になろうかとしている伊藤志宏氏による渾身のlast symposium。

29、30日とあるのですが、僕の一押しは30日のコチラ

異色なマルチパーカッションDUOが観れるのもこれだけではないでしょうか?
リズム隊には日本を代表する大儀見元氏そして岡部洋一氏によるダブルパーカッション!

30日の宣伝動画1分53秒あたりですが、これは絶対観たいですね。

志宏くんの艶っぽく不思議だけど気になっちゃうメロディのアンサンブル。
マエストロたちの自由なアプローチがあわさって、とんでもないことになってますね。
是非チェックして頂きたいです!

スペインのパーカッショニスト Jorge perez gonzalezさん あの動画の方です!

今回の記事はパーカッショニストのホルヘ・ペレスさんを紹介します。
実は先日JPCに来店されて、ちょっと話をしたんです。マイネルのエンドーサみたいです。

あの有名な動画の方なんですけど…その動画は最後に。

ホルヘさんは色々な動画を挙げていて面白い活動されているみたいですね。
マルチなセットは、カホン、ジャンベを中心にとても興味深いセッティング、そして、コンガ!

スペインのパーカッションをする方はキューバ留学中にも感じたのですが、
フラメンコカホンをベースにしていて、コンガの奏法とほぼ似通っているように感じました。

手のポジション、使い方、スラップの手の形奇麗です。

コンガの奏法もフレーズが分かりやすいので、とても参考になります。
う〜ん、まずは一つ一つ着実にフレーズ=レクールソー(手段)を出来るようにする!
それが大事だなぁと感じさせられます。

最近は自分でレコーディングをしてみて音の使い分けがしっかり出来ているかを
確認するようにしてます。自分の駄目さに気付きますよ(泣)〜…。

さて、ホルヘさんの有名な動画はこちら。それにしても凄い発想で尊敬します。

テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽

Tomas Ramos Ortiz (El Panga) マエストロ パンガ タタの音に最も近いコンゲーロ



この動画は日本に来ていたときのワークショップか何かの映像で
日本を代表するラテン奏者の方も…。レア映像ですね。
キューバにいるルンベーロ集団”ロス・チニートス”が開発した
Guarapachangueo(グアラパチャンゲーオ)でのインプロ。


凄いですよね。


このリズムをテーマにし、テクニックを色々出し、最後テーマに戻るって感じを繰り返せば。
フリーのコンガソロでも使えそうです。


このブログでもパンガ先生の動画はザ・お手本なものが多いのでとりあげてます。
是非、色々チェックして欲しいです。


あっちなみにとっても有名な方です。様々なCDにも参加しています。
以前の記事にまとめているのでチェックしてみてくださいねパンガ先生参加CD特集


キューバの方もよく知られていて、まさに大御所。
タタが亡くなった後、タタの代役を務めていらっしゃったんですよ!


僕もキューバ時代にかなりお世話になった先生で、
コンガテクニックのベースは”パンガ”スタイルなわけです。


ちなみに今、どうやらパンガ先生来日しているらしいです。
コンゲーロは必見です!色々な箇所を周るみたいなので、是非、コンサートにいってみてください。


チケットもあるみたいですよ↓↓↓
アウグスト・エンリケス/ブエナ・ビスタ・オールスターズ公演
icon

Lukmil Perez ルクミル・ペレス アフロを感じさせるフレーズ感


前回紹介したアデル・ゴンザレスに登場したルクミル・ペレスを紹介します。

僕が留学していたときに彼を見たことがあります。

フランスから一時帰国していたときに、友人のライブに顔を出していて
そのとき彼が一曲飛び入りしたんです。

衝撃を受けたんです。
アフロを凄く感じました。

動画のソロを見ても理解してもらえると思いますが、
”寄る”んです。前にいったり後ろにいったり。

キレがあるし、ためが長い。アフロを感じると同時にパーカッシブなドラマーだと思いました。

ソロの参考になります。

って多分かなりマニアックであるとおもいます。

テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽

アデル・ゴンザレス Adel gonzalez コンゲーロ イラケレetc


僕の先生であり、僕が思うにキューバ人最高峰のコンゲーロ”アデル・ゴンザレス”。

最近発見した、この映像は面白いですよ。
是非ご覧頂ければとおもいます。

キューバ人のコンゲーロの中でも、アデルは腕の起動が綺麗で基本に忠実といった印象です。
しかし、その速さは人間技とは思えません。僕が出切る最高のスピードよりも
更に2段階以上の速さで叩くことが出来るんです。

アンガーの独特であるアフロなフレーズ感。

タタが叩くタタだと分かるトゥンバオ。

そうゆうのは無いかもしれませんが、アデルのセンスが好きです。

また、この動画はおそらくアデルがオマーラのツアーでフランスに行ったとき
フランス中心に活動しているルクミル・ペレスとセッションしたものだと思います。

この二人、やはり昔から一緒にやっているだけあっていいですね。

特にトランペット奏者のエル・インディオの”ムンド・オスクーロ”凄く好きでよく聴きます。
一曲目のチャンゴズ・ダンスのルクミルのドラムソロは度肝抜かれました。
アデルのコンガも心地良いんですよ。是非チェックしてみてくださいね↓





テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽