FC2ブログ
PR

カテゴリ

最新記事

プロフィール

NaoyaMadokoro

Author:NaoyaMadokoro
パーカッショニスト
間所直哉(マドコロナオヤ)
Blogはコチラ

Recommend

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1871位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
136位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

FC2Blog Ranking

YouTubeパーカッション練習帳
動画サイトYouTubeのパーカッションの参考になる動画をキューバのラテンパーカッション(Bata,Conga,Bongo,Timbales)を中心にピックアップして紹介。
カホン 小口径スネア おすすめ マルチパーカッション Munir Hossn

詳しくは知らないのですが、ブラジルのミュージシャンMunir Hossnという方。
たまたま知ったんですが、キューバ人ミュージシャンとも親交もあるようで気になりますね。

一緒にやっているパーカッションのカホンを使ったドラミングが素敵で凄いなと思ったのでメモメモ。

パーカッションはアイデア勝負なところがあるので、
個性を出すためのセッティングは参考になりますね。

最近のお仕事で、カホンと小口径のスネアを組み合わせる場合に
音量のバランスがとっても大事だなと感じました。

小口径とはいってもスネアの音量は大きいので、それに対抗できるカホンの低音が必要となる。
カホンも状況によってあう、あわないが出てくるわけです。

そのバランスも人それぞれで正解も変わってくる。
やっぱりパーカッションは奥が深くて楽しいですよ。

個人的にカホンとの組み合わせでおすすめなのが、JPCドラムシティで取り扱ってる
Drum City ドラムシティ オリジナル Black Cutie スネアドラム 10インチ DC-1004SD


値段もお手ごろ、良い意味でチープな音色がカホンとベストマッチ!


仙道さおりのリズム図鑑 カホン教則 応用フレーズ


カホン教則仙道さおりのリズム図鑑の映像です。

本の内容をコチラの動画で確認して勉強できるようです。

高級のフレーズはとても難しいのですが、これを練習すると
スティックコントロール、ルーディメンツなどを同時に発展させてくれます。
(スティックより手でやる方が効果は大きいですから)

フレーズがカッコいいので楽しく練習できていいですよ。



こちらは最高級の映像。

最初の(1)のリズムはとてもアフロを感じるフレーズが織り込まれていますよね。
また、(4)のリズムはコンガのソロフレーズに使えますよ!

要チェックですね↓↓↓

楽天(サイン付き!?)【カホン/リズム教則本】アトス・インターナショナル 仙道さおり 『仙道さおりのリズム図鑑』
yahoo(送料無料)仙道さおりのリズム図鑑
Amazon仙道さおりのリズム図鑑

テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽

カホン演奏の幅を広げるためのコンガ奏法応用


コンゲーロ、サムエル・トーレスのカホンソロです。
カホンの演奏の幅を広げるために参考になる
コンガ奏法の俗にいうヒール(手のひら)&トゥ(指先)
マサゴテと呼ばれる奏法を多様した演奏です。

ヒールと言っても手首のつけ根の部分だけをちょっと打ちつけるわけではなく、
手のひら全体を落として音を出します。トゥはパキパキ音を鳴らすのが
かっこいいとされているので、ヒール&トゥは意外に練習が必要です。

しかも、カホンは横に打つので手のポジショニングも大事そうですね。




テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

ポップスへのアプローチ参考



BONNIE PINKさんの僕らの音楽での1コマ。


カホン(Cajon)は大儀見さん。


ポップスへのアプローチでロックテイストなら
これが一番優しい感じで参考になります。


昔、学生の頃、たまたま観たミュージックフェアで、
山崎まさよしさんと森俊之さんとドラマーの沼澤尚さんが
3人でのセッションでカホンを使っていたのが印象的でした。


ビデオに録って、何回も見て真似して練習しました。


自分にとって、"いいなぁ"って思えるビデオなどを
真似して練習するのが、僕がお奨めする練習方法です。


ワークショップなどで学ぶのも良いのですが、
まずは、YouTubeなどで好みのプレイスタイルを
探して見るのは如何ですか?


最後にオススメの教則DVD。
僕が観たきた中ではコレが良いと思いました↓

cajon dvdDVD インストラクショナル・コース・フォー・カホン シュラクヴェルク


フラメンコの奏法、ポップスの応用、
ボサノバの奏法などが参考になりました。



テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽