FC2ブログ
PR

カテゴリ

最新記事

プロフィール

NaoyaMadokoro

Author:NaoyaMadokoro
パーカッショニスト
間所直哉(マドコロナオヤ)
Blogはコチラ

Recommend

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
117位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

FC2Blog Ranking

YouTubeパーカッション練習帳
動画サイトYouTubeのパーカッションの参考になる動画をキューバのラテンパーカッション(Bata,Conga,Bongo,Timbales)を中心にピックアップして紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マークキョーネス ボビーアジェンデ サルサ グルーヴ参考


遂にLPチャンネルにマーク&ボビーが登場ですね。
8 y Masのボーカルさんもコーラスに参加しているようで、豪華なバンドです!

キメへのフィルのタイミングがタイトでキュッとしているところがトキメキます。
3分50秒あたりのキメなんか、ホーンともばっちり。乗っかり易いグルーヴ上にいるってことなんですね。

僕もサルサバンドでティンバルをやるときに一番気を使うべきところですが、
グルーヴを崩さずにキメをやったり、ベルを刻むのが一番重要なんだなとつくづく感じております。

ベルのパターンも、ボンゴカンパナのフレーズとの兼ね合いで色々出来そうです。

ティンバルベルの教則本的な2−3の表現は、※○と●が八分音符で、ーが八分休符、●はアクセント
|●ー●ー○○○●|ー○○○●ー○○|

ただ、ボンゴがカンパナは2−3の表現は、※○と●が八分音符で、ーが八分休符、●はボンゴベルの口の部分
|●ー○ー●ー○○|●ー○○●ー○○|

なので、かぶるところはむしろ叩かないこともある。つまり
ティンバルベルの変則的な2−3の表現は、
|●ー●ー○○○●|ー○○●ーー○●|や
|●ー●ー○○○●|ー○ー●ーー●ー|や
|●ー●ー○○○●|ー○ー●○ー●●|や
|●ー●ーー●ー●|・・・など。

以上のが有効になったりするようです。僕も実験的に取り入れてますが、
マルチャ一つにしても意識を持って演奏することがとにかく大事ですね。

そこには、もう一つ。最近気付いたことなのですが、他のメンバーを『信頼』することです。

もちろん、リズム隊に限る話ではありませんが、打楽器に着目すると
ボンゴ、コンガ、ティンバレスは同じ人が同時に出来ることはないので、
3人のグルーヴになります。そして、各々持っているグルーヴはもちろん違います。

だから一人が変わったとすると別のグルーヴに変わることは当たり前のことであるし、
その人が、前に居ようが後ろに居ようが、受け入れ信頼することで、
そのメンバーのサウンド、グルーヴとなっていくんです。

「こいつ駄目やなぁ、じゃあ俺が引っ張るかぁ」と誰かが引っ張ると所詮そのグルーヴは、
その人だけのグルーヴです。それを周りが、察知して同じノリでいければ問題はありません。

結局のところ相手を信頼して、長所を活かしみんなでサウンドを良くしていくと、
会社経営やら、人間関係やらと一緒なのではないかと思うのであります。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://salvaje.blog117.fc2.com/tb.php/149-cdb1a496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。