FC2ブログ
PR

カテゴリ

最新記事

プロフィール

NaoyaMadokoro

Author:NaoyaMadokoro
パーカッショニスト
間所直哉(マドコロナオヤ)
Blogはコチラ

Recommend

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
146位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

FC2Blog Ranking

YouTubeパーカッション練習帳
動画サイトYouTubeのパーカッションの参考になる動画をキューバのラテンパーカッション(Bata,Conga,Bongo,Timbales)を中心にピックアップして紹介。
基礎 TUMBAO/MAZACOTE トゥンバオ/マサコテ バホを意識した一つの例


良いトゥンバオだなぁと、思います。
特にバホ(ベース)音に関して、手の重さがコンガの胴に伝わり良く鳴っている感じ。

久々にパーカッション練習帳らしいテーマです。

この動画は、速いトゥンバオでも、ベース音をしっかりとして音量で出すための
テクニックを紹介しています。

1,2,3,4がツク、パク、ツク、トトだとすると3に来る2番目のバホも1番目と同じ音量で出来るように
右手でタパオ(ここだとクローズスラップ)の後にゴーストノート的に右手を連打しています。

また、バホとタパオの音量の大きさが魅力的で素敵です。

日本人でこのような素敵なトゥンバオを叩ける人があまりいない気がします。
僕も含め同年代ではいない気がします…日々精進しなければ!

テーマ:ワールド・ミュージック - ジャンル:音楽

Tomás Cruz トーマス・クルス サルサ・ドゥーラ ティンバを支えるトゥンバオ


キューバのサルサ(今はティンバと呼ばれる)のコンガ(トゥンバドーラ)の役割はとても大きいです。
ドラムで言うとバスドラム的、ベースとコンガとの関係はグルーヴの柱だと思います。

そして、今回の動画はキューバのサルサ、ティンバよりも昔の
サルサ・ドゥーラと呼ばれていた時代のサウンドを支えた
コンゲーロ、トーマス・クルスさんを紹介します。

しかも、この動画は本人が録音したものを本人がその録音を再現するというものです!

自由なトゥンバオ、曲の盛り上げのアプローチなどとても勉強になります。
無茶苦茶、コンガの胴が鳴ってて好きです!

コンガは上モノじゃないって分かりますよね…。

この曲はキューバでも人気No,1アーティスト”パウリート・FG"がなぜか
ファニアレーベルから出した唯一のCD"Con la conciencia tranquila"の一曲。
(記憶があいまいかもですが…)

とにかく、僕が大好きなアルバムの一つです。
(ただ、今は中古で探すしかないかも…)

他にも誰しもが絶賛の"Manolin el medico salsa"のライブ版El Puente
トマシートの素晴らしいマルチャ(トゥンバオ)が堪能出来ます↓↓↓



最後に彼の出している教則本がとても興味深いので要チェックですよ。
DVDが付いていて、様々なリズム、そして、ソロワークのアイデアなどが勉強できます。
個人的におすすめです↓↓↓



Amazon
初級⇒The Tomas Cruz Conga Method: Beginning, Conga Technique As Taught in Cuba
中級⇒The Tomas Cruz Conga Method: Intermediate, Essential Cuban Conga Rhythms
上級⇒The Tomas Cruz Conga Method: Advanced, Timba: Modern Cuban Conga Rhythms

楽天
初級⇒【送料無料】The Toms Cruz Conga Method, Volume I: Beginning: Conga Technique as Taught in...
中級⇒【送料無料】The Tomas Cruz Conga Method, Volume II: Intermediate: Essential Cuban Conga R...
上級⇒【送料無料】The Tomas Cruz Conga Method, Volume III Advanced: Timba: Modern Cuban Conga R...


テーマ:ワールド・ミュージック - ジャンル:音楽

ドラムとコンガのソロ 必見です!インテラクティボのオリベルとアデル


おそらく、インテラクティボLIVE中の二人のソロ合戦ですね。

久々に見ていて面白い動画だって思いました!

アデルのフリーソロは今回は特別難しいことはしていませんが、
構成も内容ともに見る人が気持ち良く感じれるものではないかと。

後半、二人が色々なリズムそしてキメのアンサンブルがミモノですよ。

一番最後のキメのユニゾンはソロのアイデアとしても十分使えそうな
ネタだと思うので、解剖して自分のモノにしようと思います。

是非チェックしてみてくださいね。

テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽

キューバ人 コンゲーロ エリエールのエクササイズpart2


前回に引き続きエリエールさんのビデオです。

このビデオは良いヒントになったので、是非チェックして欲しいです。

特にオープンでシングルストロークの中に
様々なルーディメンツを織り交ぜた練習方法は興味深いですよ。

例えば、8分音符のシングルストローク

  タ・タ・タ・タ

の中に16分音符の5ストロークを織り交ぜる

  タ・タ・タ・タ・タタタタタ・タタタタタ・タタタタタ・タ・タ・タ
  R L R L RLRLR LRLRL RLRLR L R L  

など、他にも色々出来そうですね。
パラディドルや3連なども入れてみてテクニックを増やしたいです。


テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽

キューバ人 コンゲーロ エリエールのエクササイズpart1


キューバ人パーカッショニスト。エリエールさんです。凄いパーカッショニストですよ。
異常なインディペンデンシアと早いフレーズ、とても手の形が綺麗で印象的です。

日本人も何人かキューバで習ったことがある方がいるのではないでしょうか。
今は、デンマークに在住のようです。

そんなエリエールさんのYouTubeチェンネルの中で、エクササイズを紹介しています。

まずは、この動画を取り上げます。

題名は、”左手の発展”つまりは利き腕ではない手のテクニックの強化練習ですね。
ただ、この方法が独特なんです。

マサコテと呼ばれる以下の手順の奏法
(ヒール:手のひら全体のベース音、トゥ:指先、ティップ:ゴーストノート)

  ヒール(右)⇒ヒール(左)⇒トゥ(右)⇒トゥ(左)

そして、マサコテと言うのか分かりませんが…ドラムで言うモーラー奏法的な

  トゥ(左)⇒ティップ(右)⇒トゥ(左)⇒ティップ(右)

それぞれの頭にアクセントを入れ交互に行っています。

僕もよくマサコテの右から左からを交互には練習していましたが、
このパターンは確かにやらないし、このテクニックは全然持っていませんね。

ちょっとこれからこの練習も取り入れてみます。
多分これをすることで、さらに直感的なフレーズをする際に無理が利くんだと思います。

練習しよっと。




テーマ:ワールド・ミュージック - ジャンル:音楽